ブログパーツ

札幌に帰る

長嶋修先生のエクシードXセミナー講師を終え札幌に戻りました。

壇上に上がり人前で発表するのは初めてて大変貴重な体験をさせていただきました。




出張中は何人かのお客様とお会いし短い時間ですが問題点と解決案のヒアリングを行いました。

概ね共通する問題点は、

「買ったは良いがその後うまく回らない。」

「適切に管理されていない」


と言う点です。



管理会社でも頑張っているのですが、もはや時代が違うのです。

数年前の管理方式ではもはや時代遅れ、組織幹部が時代に追いついていない。

末端の管理会社スタッフは、それこそ血ヘドを吐くような激務に耐えていますが、正直経営陣と歯車があっていない。。。

上層部が「建てたら埋まる」の旧体質ですから、末端の社員が今の賃貸状況にあう管理を出来ないで困っている。

大家からのクレームは末端の社員さん達が受けています。本当彼ら彼女達は頑張っています。





大家さんとして出来ることはたくさんありますが、


大家だから

管理会社にまかせているから

販売業者に・購入時に・
大家は何もしなくて良いと言われたから


こんな依存型大家さんが苦しむ中

ピンチから脱却している実践派大家さん


成功の秘訣は、情報です。 物件の原状もわからないくせに管理会社に文句を言っても無駄。

出来る大家は完全に情報武装してアパマン経営します。

経営ですので、会社のトップが会社の強み・弱みを把握しない状況で収益UPを狙ってもうまく行きません。

オーナーの手足となって行動してくれる管理会社にも的確な指示もだせませんから。
(本来は管理会社とはオーナーの替わりに全てするんですけどね(^_^;) そんな時代じゃないんです)


管理会社とパートナーシップを良好に構築するためには、大家も動かないと駄目な時代。


そんな駄目な状況から脱却したい大家さんを応援したいと思います。




Iさん  Kさん  Sさん  私も出来る限りのサポートを致します。

とりあえず物件状況の把握を大家・管理会社・報告ネットで情報共有し最低限のコストで収益UP・空室撲滅を達成しましょう!

ありがとうございました。










空室対策コンサルティング、空室対策リフォームなど、不動産賃貸全般のご相談・お悩み事などお気軽にご相談ください。
株式会社 満室研究所 報告ネット事業部
山岡への相談ははこちら
TEL:011-303-7071
HP :http://www.houkoku.net/



《現場把握はアパマン経営の基礎》
 アパートマンションの管理清掃状況巡回報告サービス

《効果的な空室対策で満室を狙う》
 報告ネットの「空室研究室」

《誰でも簡単!満室経営テクニック集》
 超簡単な空室対策や物件管理方法を今だけ公開




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

空室対策本の紹介

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法



この本には空室対策や仲介業者さんとの付き合い方、差別化リフォーム、仲介業者に効果的な営業方法など、私が札幌に移住しコツコツと実践・体験し入居促進に効果があった内容を正直に書き記してあります。

・タイトル「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法
・著者  山岡清利
・定価  1,680円・発売  ごま書房新社
・ISBN-13: 978-4341085773

《報告ネット》
《満室経営書紹介》

空室対策のために

《メールマガジン配信》
入居率UPの情報や地元ならではの裏技を無料で届け。


《カレンダー》
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
《カテゴリ》
《最新日誌》
《人気ページランキング》
《月別アーカイブ》
《RSSはこちら》
《運営者情報》

              満室研究所 所長 山岡清利

Author:              満室研究所 所長 山岡清利

運営HPはこちら


本州から札幌への不動産投資を安心して行えるように日本初の業種である投資用不動産巡回サービス「報告ネット」運営。
主に本州大家さんの代理大家として空室対策サポートを行う。


・札幌がんばる大家の会会員
・北海道大家の会会員
・㈱満室研究所役員
・J-REC メンバー
・エクシードXメンバー
・全国大家ネットワーク北海道役員
・健美家コラム著者




《ブログ内検索フォーム》
《メールフォーム》
お問合せはお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

《 リンク 》